子供の写真整理は老後の楽しみでってことで、しばらく放置!

Pocket

子供達の写真や動画ってすごいスピードで溜まっていきますよね。

これ、ちゃんと消化(整理)できている人って尊敬です。

わが家も一人目まではちゃんと気に入った写真は現像して、
アルバム作って、とそれなりにやっていたんですが・・・。

2人目からは、もう「とりあえず、ハードディスクに全入れ」状態です。

3人目は逆に写真や動画を撮る暇もなく、あまりデータが増えてない、
ということで整理が楽になってるかもしれません。

写真や動画を撮っていて「この膨大なデータはどうなるんだろ?」
たまに思いませんか?私はちょくちょく思います。

日常の一コマから、発表会、運動会、旅行、誕生日・・・、
それらのたびに動画と写真が増えていくわけで。

年間ベースでどれくらいになるんでしょうね。
それを整理しようと思ったら、その膨大なデータ量以上に
膨大な時間がかかります。

これは、もう、老後の楽しみにしちゃうしかないでしょうか。

まぁ、老後までいかなくても、子供達が親なんか相手にしなくなる時が
必ず来るわけだから、そのときに「この頃は、『母さん、母さん!』って
かわいかったな~。」などと思いながら整理してもいいですよね。

もう撮り溜めてしまったデータについては、老後の楽しみに決定ですが、
これからはそんなに大量の写真や動画は撮らないようにしようかと思っています。

長女が2歳くらいのとき、本当にかわいくて「ずっとこのままで
いてくれないかな~。この姿が見られなくなるなんて・・・」と写真を
撮りまくっていた時期があります。

でも、5歳になった今も十分かわいくて、「ザ・幼児じゃなくても
子供はかわいいままなんだな」ということに気がつきました。

もちろん、その頃の動画とか見ると「かわいい!!」となるんですが、
そのとき、その瞬間に「かわいい!」って感じていた気持ちを超えることは
ないんですよね。

それなら、撮る作業に意識を奪われるんじゃなくて、「かわいい!」という瞬間に
集中して、「この瞬間を死ぬまで覚えておきたいな」と思っている方がいいのかなと。

発表会や運動会もビデオ操作が気になりすぎて、発表会自体を集中して
観てられないんです。本末転倒ですよね。

だったら、いっそ撮らなくてもいいのかな、と最近は思っています。

要所要所で成長が分かる写真があれば、それで十分なんじゃないかな。

「未来」のためにそれを映像に残すより、「今」その瞬間にきちんと
それを感じることの方が、より鮮明に残せるんじゃないかな。

などと、思いつつ、今はまだ悩み中です。

子供が生まれて「子供の写真や動画は撮るのが当たり前」と思っていた私は
今、その当たり前を少し疑っている状態です。

とは言っても、やっぱりかわいい表情をしたり、発表会なんかがあったりすると、
「写真写真!」「ビデオビデオ!」となってしまうんですけどね。

なかなか、すぐには変われませんが、少しずつ時間の断捨離も進めて、
子供達との「今」に注力していけたらいいなと思います。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です