「ついてない!」や「どうしよう」が人生を好転させるきっかけに。

Pocket

この前、三女がインフルになったときに、「うわぁ、ついてないなぁ。」
と凹んでいたわけですが、そのことをブログに書いたことがきっかけで、
捨てるに捨てられなかったモノをもらってくれる方に出会いました

それは私にとって、とても嬉しいことで、
三女のインフルがマイナスの出来事からプラスに変わりました。

1週間前はインフルを呪ってるくらいの勢いだったのに。

そのときは、凹んだりガッカリしたり、「どうしよう」と悩んだりしたことが、
後から「あれがあったから、今こんな良いことが!」と思うことが多いです。

高校受験も第一志望に落ちて、落ちたときは相当落ち込んで、
もうすべてのことがどうでもよくなるくらい落ち込んでいたわけですが、
その後に行った高校で一生の友達ができました。

40歳になった歳の成人の日にクラスみんなで集まって「2倍成人式」やろう
と盛り上がれるのは、あの高校に落ちたからなんですよね。

今の家を買ったのも、母親ともめたことが原因で、そのときはイヤな感情の
オンパレードでしたが、その結果今の家を買うことができたんだと思うと
あの揉め事も私にとって必要な出来事だったんだな、と思います。

そして、今の会社も合同説明会に行った際に、事前に説明を聞きたい会社を
ピックアップしていたのに、勧誘がすごくて勧誘された会社の説明を
聞いたりしていたら、目的の会社のブースが終わってしまったんですよね。

もう、そのブースに着いたとき「・・・誰もいない・・・」。しばし呆然と
していたところで、偶然今の会社の人が「うちの会社の説明聞きませんか?」
と声をかけてくれたんです。

今の会社に合格するまでは、「あー、あの会社のブースにまっすぐ行っていれば。」
としばらく後悔していたわけですが、今となっては、「あの会社帰っていて
くれてよかった。」と思っています。

まぁ、そんなわけで、その時は「お先真っ暗」的な状況や負の感情たっぷりの
出来事も今となっては「人生が好転するきっかけ」となりプラスの出来事に
なっています。

今起こっていることは、事実でしかなくて、それが「プラス」の出来事なのか、
「マイナス」の出来事なのかは、結局、未来の私が決めるんですよね。

だから、あまり今この瞬間に起こっていることで感情を揺さぶられ過ぎず、
「今はマイナスに感じているけど、これがいつか『マイナスに見えてプラス
だったんだな』ってなるといいな。」くらいで過ごしていきたいです。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. maki より:

    saiさん♥なんだか恥ずかしい~(*´ω`)

    私も日々起こっているいいことも悪いことも自分にとって必然なことなんだな~って思っていますよ。

    大好きでこの人と別れたら私の人生終わりだ。。。。死んじゃう。。。そう思っていた人に振られたから今の旦那と出会い、3人の我が子にも会えた。(笑)

    若いころお金で失敗したことがあるから今失敗しないでいられる。(笑)

    ほかにもいろいろ・・・

    どんなことも今の自分を作る材料になっているのですね~♪

    saiさんとの出会いも必然だったのかな~!!これからもよろしくお願いします。

    • sai より:

      こちらこそ、よろしくお願いします!

      makiさんも色々あったんですね~今度詳しく聞かせてください(笑)
      子どもが生まれてきてくれると、過去のすべての失敗も、「この3人に会えたからOK!」と
      なってしまうから子どもの力ってすごいですよね。

      私も北海道の方と知り合えるなんて、ブログ始めて良かったな、と思っています!
      wordpressに手を出したときは、挫折しそうでしたが・・・。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です