わが家の冬のボーナスの使い道。夫のボーナスがない今回は散財予定。

Pocket

もうすぐ冬のボーナス支給日ですね。

ボーナスは麻薬みたいなモノだと分かっているのに、やっぱりこの時期になると、なんだかワクワク楽しい気分になって、「やっぱりサラリー生活ってやめらないなぁ」と思ってしまいます。

麻薬って本当に怖いです。

スポンサーリンク
レクタングル大

今年の冬のボーナスは少なめ

今年の冬は、私のボーナスしかありません。

ダンナさんは転職したばかりなので、ボーナス支給対象になってないんです。

転職前の会社は、残業にも左右されますが、月々の給料が高めでボーナスが少ない会社でした。

転職後の会社は、残業にはほとんど左右されず、毎月平均程度の給料があって、ボーナスが多めの会社だそうです。

ということで、結局、年収は去年より下がるか同じくらいかなぁと思っています。

使い道

ボーナスってもらう前の、使い道を考えているときが一番楽しい気がします。

まずは固定費

いつ生活が変わるか分からないし、このご時勢会社がいつまで続くかも
分からないから、基本的には、ボーナスはあてにせず、固定での積立は最小限です。

車代8万円(車検、税金、保険、修理等)

固定費はこれだけ。

毎月の給料から積み立ててもいいのですが、ボーナスが出なくなったら、車を手放す良いきっかけになるかな、と思って、ボーナスで積み立ててます。

それに、「ボーナスのたびに8万円も車に持っていかれる・・・。」という気持ちになったほうが、「下の子が10歳になったら車手放そう」と思っている気持ちに拍車がかかる気がして、車だけはボーナス頼みになっています。

あとは全部散財予定

今年は目標としていた貯金額も達成できたし、支給額も少ないから、貯金には回さずに、「一年間頑張ったね」という意味も込めて使う予定です。

スマホ買い替え

2年半前に格安スマホデビューしたわが家。
そのときに夫婦でスマホも購入したんですが、そろそろ調子が悪い。

前回も2年で動きが遅くなってストレス過ぎて買い換えました。

「スマホの調子悪いし、機種交換ついでに通信会社も乗り換えようかな。」っていう消費を生み出すために、スマホは2年で調子が悪くなる気がするんですが、気のせいでしょうか?

少々高くてもいいから、2年後に買い換えなくて良いスマホが欲しい!!

ということで、とうとうiphone7plusを購入しました。

携帯屋さんを色々回って話を聞いたところ、「アンドロイドは、スマホ本体を作っている会社(SONYとか)と、中身を作っている会社(google)が違うから、バージョンアップに本体が付いていけずに、2年くらいで動きが遅くなる。」「一方、iphoneは本体も中身もAppleが作っているから、2年経ってもそんなに使いにくくならない。」ということでした。

それなら一度、iphoneにしてみようということで、購入しました。

(届くまで時間がかかるから、ボーナス支給日前に、買ってしまいましたが・・・。)

google好きなダンナサンは、同じくgoogleが本体も中身も作っているNexus6pを買うそうです。

夫婦2人のスマホ買い替えで、約20万円

そんなに大した機能使いこなせないし、3万くらいの機種にすれば良かったかな・・。

タイヤ購入&交換

ほとんど雪が積もることはないですが、積もったら、保育園もいけなくなるから、必要経費ということで。

スタットレスと普通タイヤの間くらいのヤツ買えば、季節の変わり目で、タイヤ交換の必要がない、とか言ってたので、きっとそれを買うんだと思います。

いくらくらいなんだろう??

関西のいとこの家に遊びにいく

ダンナサンの妹家族が関西に居るので、年末前に4日ほど遊びに行きます。向こうも子供が3人で歳も近いから、子供達はもう楽しみで仕方ない様子。

色々とお出かけして、子供達の楽しい思い出が作れたら良いなぁ。

外食したい!!

外食がレジャーになってるわが家。

うなぎと焼肉とお鮨が食べたい。という「ボーナスといえば!」的なメニューですが・・・。

年末年始費用

残りは、年末年始で消えると思います。

クリスマス、お年玉、おせち、お年賀・・・。
大人になると、「年末年始=支出」になりますね。

今年の支給額はいくらなんだろう??

上記の支出を上回るほどの支給はないと思いますが、万が一、余ったら貯金します。

半年間「ボーナスまだかなぁ」と思っていても、使うときは一瞬でなくなりますね。

そして、もし私が転職したら、次のボーナスは、ダンナサンだけ支給かぁ。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です