年に一度の苦行。バリウム飲んできました(涙)。


健康診断、35歳以上は胃の検査も入ります。

スポンサーリンク
レクタングル大

今までの経緯

最初の年に、バリウムを飲んでグルングルンされて、

「こんな検査二度と受けたくない!」と思いました。

次の年は、妊婦で検査を免れました。
で、昨年は、バリウムより全然楽だよ~と聞いた、

鼻からの検査を受けました。

参考記事⇒http://3kids3cats3income.com/barium-examination

コレがまた泣くほどつらかったのと、そのときの先生に、

胃がんになりにくい胃をしてるから、来年からはバリウムでいいですよ。」

と言われたこともあって、今年はバリウムを選びました。

なんとなく、4年も経って、初めてバリウム飲んだときのつらさを

忘れちゃってたんですよね。

検診当日。

検査は完全流れ作業なんですが、私は久しぶりのバリウム検査で、

流れがイマイチつかめてなかったんですよね。

で、早口で、色々と説明されて、半分くらいしか頭に入ってなくて、

早速発泡剤と水を渡されました。

検査の人「一気に飲んでください。」

私「はい。」

(ゴクゴクゴク)

検査の人「ゲップしないでくださいね。」

私「はい」って言おうとしたら、「は(ゲプッ!)い」

検査の人「だから、ゲップしないでください(怒)」

私「っすみませんっ(ゲプッ)」

検査の人「・・・・。」無言で立ち去る。

とバリウム飲む前から、立て続けにやらかしてしまい・・・。

肝心のバリウムはどうかというと、最初に半分まで飲むんですよね。

最初は勢いがあるからなんとか飲めるんですけど、

残りの半分が本当にしんどくて、勝手に涙が出てきました。

で、機械の上でグルグル回って、気持ち悪いし、ゲップはどんどん出るし

(そのたびに注意される)、まぁ、本当にしんどかったです。

これが原因で胃潰瘍になりそう。

あまりにもきつかったから、来年は、唯一、未体験の胃カメラにしようかと。

マンモグラフィ

今回は、授乳中ということで、マンモグラフィーは受けられませんでした。

健康診断では、授乳中のマンモは出来ないそうです。

もう3年も受けていなかったから、ちょっと心配で受けたかったんですが、

授乳中にマンモグラフィーを受けるには、検診ではなく、

病院を受診するしかないそうです。

ただ、超音波検査等で問題なければ、わざわざ病院を受診してマンモグラフィー

をやる必要はないといわれました。
授乳中は、胃がん検査もなしになってほしい・・・。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です