わが家は定期預金&ETF&投信派。株主優待いいなぁとは思うけど。

Pocket

子どもNISAが始まりますね。

わが家のNISA枠は大人2人、子ども3人で年間480万円です。
そんなに株式買う予定も予算も無いので、子どもNISA開設は保留中。

そもそも、NISAって損益通算や損失の繰越控除は出来ないけど、その代わり、利益が出ても
非課税ですよっていうのがメリットだと思うんですが、子どもNISAは18歳までに引出したら過去の利益に課税します(一部例外あり)って使い勝手悪い気がするんですよね。

子どもの教育費を投資で、って親は少なそうだから、お金持ちの祖父母が孫のために
ってイメージで作られたのかもしれませんね。

子どもNISAについては色々書きたいこともありますが、
今日はわが家の資産についてなので、またの機会にします。

わが家は、ほとんど普通の定期預金で貯めています。
定期預金といっても利子はほとんどつきませんが、普通預金のままよりは
気休め程度の利子がつきます。

以前は株式も購入していましたが、次女が産まれて家を買ってからは、
「投資で3%増を目指すよりまずは繰上返済でしょ。」ということで、
定期預金がメインです。

ただ、すべてを定期預金だけにしておくのもどうなのかな?と思い始めて、
2年くらい前から一部インデックス型の投資信託を購入しています

インデックス型の投資信託って便利ですよね。毎月〇万円購入と設定したら、
後は本当にほったらかし。

買っていることさえ忘れてましたが、先日確認したら、それなりになってました。

そうなると人間欲が出てくるもので、「現物も買って株主優待とかで
お米とか金券もらいたいな。」とか思い始めるものですね。

でも、よくよく考えたら、今の私に株価を気にしている時間も余裕もないし、
株価が下がってマイナスになったら、いちいち凹むと思います。

昨日の記事でも書いてますが、ネガティブな感情が発生するかもしれないことを
わざわざお金出してやる必要もないかな、と。

経済的に考えたら、お金に働いて貰うことも重要なんでしょうけど、
マイナスになってもまったく気にしないでいられるほどの能力もないので、
能力ないなら手を出さずにいようというところです。

それに、お米は当面の間ふるさと納税でもらえるし、金券ももらったら
使うだろうけど、1,000円の金券もらうために買ったのに、その株が
マイナス1万円になることもあるわけで。

金券ももらったら管理してどこで使えるか把握しなきゃいけないし
あったら使うだけで、無かったら使わないし、本当にお得なのか?
考え始めたら、欲しかった気持ちがどこかにいってしまいました。

ということで、今の我が家に合っているのは、インデックス型の投資信託と
ETF(上場投資信託)だという結論に行き着きました。

投資信託は毎月自動積立にして、ETFは時期を決めて買い増しています。
しばらくは、定期預金&ETF&インデックス投信でいこうと思います。

投資に関して参考にしている書籍は、この辺りです。

amazon⇒
楽天ブックス⇒こちら

amazon⇒
楽天ブックス⇒こちら

amazon⇒
楽天ブックス⇒こちら
山崎元さんの本は分かりやすくてズバリ書いてあって好きです。
銘柄もほとんど山崎さんの本を参考にして決めています。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です