ダンナさんの転職活動の進捗。履歴書を送るまでに10年超。

Pocket

年明けすぐに転職活動を始めるという記事を書きました。

ダンナサンが転職するって言い出した。共働きだと危機感が薄くなる?
新年早々なんですが、ダンナサンが「春か夏ごろに転職しようかな。」と。 結婚してから3社目となる今の職場には6年勤めています。 正社員になって...

それから、早半年近く経ってます。

ダンナサンの転職活動の進捗状況。1社目の結果を受けて思うこと。
「1社目の~」とかって書いてますが、まだ1社しか受けてません。 たぶん、3社しか受けないようなので、転職活動というには仰々しいのですが。 ...

一社目の結果がダメだった後、すっかりやる気がなくなったのか、
その後まったく動こうとしないダンナサン。

4月に痺れを切らして、「次の会社に履歴書送ったの?」と聞くと、
「まだ書いてないからGWにやる。」と。

GWは予定が詰まっていたこともありますが、基本的に16時ごろには
飲み始めている人なので、書類を書いてる気配すらない。

まぁ、でも、私が子供達と寝た後に、やってるかも知れないし。。

と、私もあまり干渉せずにいました。

私の気持ちとしては、転職して欲しいとか、欲しくない、とかよりも、
「まさか1社落ちたくらいで、もういいやってなってる?」
というガッカリ感が強く。。。

そのガッカリ感、しっかり書き残してました。

転職活動の進捗状況。たった1社で自信を無くした?
ダンナサンの転職活動の進捗状況です。 完全に停滞中の様子。 1社目の結果が分かってから、すでに1月が経とうとしています。 どうなってる...

結婚当初から、「あの会社に入れたら一番なんだけどね。」と言っているものの、
「中途採用がHPに出てるよ」と言っても、「いや、あれは表向き募集してるだけで、
中途では入れない。」と、何も行動する前から諦めていたダンナサン。

それが10年かかって、やっと、今年の年明けに重い腰を上げて、
「とりあえず受けてみようかな。」という心境の変化まで、たどり着きました。

でも、1社目に落ちただけで、すべてがストップ。

「エントリーして、履歴書送って、適正試験を受けて、面接をして」
という一般的な就職活動をしたことがないダンナサンにとっては、
「ここまで頑張ったのに!」という気持ちがあったのかもしれません。

でも、そこは「チャレンジしてみたから、いい経験できた!」とプラスに
思って転職活動を、続けて欲しかったんです。

それが、急に「人生はお金じゃないから。」的な悟ったようなこと
言い出して・・・。

「人生はお金じゃない。」=「今の会社の給料が安くてもOK。」

という転職活動しない理由付けを、しはじめました。

まぁ、「人生はお金じゃない」というのは、間違ってないんですが、
それを理由に「チャレンジしない」のは違うんじゃないかと。

GWが終わっても、いっこうに書類を作らないダンナサン。
休みの日は、15時半くらいになると晩酌したくてソワソワ。

とうとう、「あなたの人生における優先順位1位は、永遠に晩酌なの?
ずっとやらない理由を探して、チャレンジしないの?」と言ってしまいました。
(もっと、長~い内容なんですが、要約するとこんな感じ。)

それに対して反応はなかったものの、次の休みは、本当に何年振りかに、
お酒を飲まずに、夜な夜な書類を作っていました。

結婚して12年。やっとその会社に履歴書を送ったダンナサン。

私は気になったことは、すぐに「ちょっと、やってみよう!」と思うタイプなので、
気になる会社に、12年かかって履歴書を送る人がいるなんて、
本当にビックリなんですが、だから夫婦なのかもしれませんね。

結果はどうあろうとも、目の前にあるチャンスにアクションを
起こしてくれたことは、とても嬉しいです。

人生は一度きり。

子どもたちがいるから、いきなり仕事を辞めて「オレは夢を追う!!」みたいに
なられても困るけど、私も含めて、今できる小さなチャレンジには背を向けずに、
子供達に「いくつになっても挑戦する楽しさ」を見せられたらと思います。

失敗したらプライドが傷つくかも知れないけど、何も失わないし、
経験値が上がるだけなんだから、じゃんじゃんトライして欲しいです。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です