1月から月5万円減収。来年の家計の目標と予算組を考えてみました。

Pocket

年末の予定が埋まりつつあり、ゆっくり考え事する時間も取れそうにないので、
来年の家計の目標と予算組を考えてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

家計の目標

1月から6.5~7.0時間勤務の時短勤務となります(6.5か7.0かまだ悩み中)。
6.5時間にすると月5万円の減収です。

長女が小1になったときの6時間勤務を真剣に考える。家計への影響は?
先日、この記事を書いてから、割と真剣に6時間勤務を考えています。 6時間勤務にしたときに、仕事面での心配もありますが、家計への...

この記事にも書きましたが、5万円の減収分は食費と日用品と変動費の削減で
吸収できているはずですが、もう少し削減して余裕を持たせたいところです。

来年度の家計の目標は、

『生活費のスリム化と年間貯蓄220万円』

です。220万円というのは、繰上返済用に120万円とそれ以外の予備として
100万円くらい貯まって欲しいという、ざっくりしたものです。

「100万円貯めたい」とか言ってるところが家計管理できてない感ありますが、
最初の目標としてはやっぱりベタでいいかなと。

来年の予算組

来年の予算は目標から逆算と過去の実績を基にしてこれくらいなら
なんとか実現できそうな数字にしました。

ただ、イレギュラーなことは何も起こらない前提なのが危険なところ。

本当は冠婚葬祭とかも加味したほうがいいんでしょうが、とりあえず、
来年のイレギュラーなことは貯金から取り崩そうかと(←本末転倒)。

ということで、いつもの家計簿と変わりばえしませんが、以下の通りです。

住宅ローン   97,000円
教育費     50,000円
食費      50,000円
お小遣い    30,000円
水光熱費    16,000円
通信費     13,000円
猫       12,000円
変動費     32,000円
保険・固定資産税 25,000円

合計     325,000円

いままで、保険料と固定資産税は年払していたので、月々の家計簿には
反映させていなかったんですが、年払分を月割りして組み込んで見ました。

まずは月30万円(年払分を除く)で生活できるようにしたいです。
生活の仕方が気づかないうちに大きくなっていたものを、少しずつ削減して
スリム化を図る一年にしたいと思います。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です