2016年10月からの新たな「106万円の壁」とは?手取りが減ることも。

Pocket

2016年10月からパート勤務の方の社会保険の加入要件が変わります。
パート勤務で年106万円~130万円を稼いでいる方は要チェックです。

スポンサーリンク
レクタングル大

今までパート勤務といえば、「103万円の壁」「130万円の壁」

と言われてきましたが、その「130万円の壁」が「106万円の壁」
に変わろうとしています。

2016年10月から対象となるのは、以下の要件を満たす方に限られます。

  1. 社会保険に加入している従業員が501人以上の企業に1年以上在籍。
  2. 週20時間以上勤務。
  3. 月額88,000円(年106万円)以上の給与。

ただし、学生を除く。

現段階では、大企業を対象にしているため、中小企業にお勤めのパート勤務の方は
今までどおり「130万円の壁」となります。
将来的には中小企業を含む全パート勤務者が対象となる可能性が高いです。)

では、「106万円の壁」を越えてしまうとどうなるか。

社会保険(健康保険・厚生年金)に加入することとなります。

ここで、ダンナサンが自営業者だった場合と、サラリーマンや公務員だった場合で、
若干違いが出てきます。

ダンナサンが自営業者だった場合には、奥さんは国民年金を自分で納めています。

そのため、「106万円の壁」を越えて社会保険料を負担することとなっても、半額は会社が
負担してくれますので、支出が減りメリットが大きくなります。もちろん、もらえる年金も
国民年金よりも厚生年金の方が多くなりますので、老後資金も潤います。

一方、ダンナサンがサラリーマンや公務員だった場合は、今までダンナサンに
扶養されていた健康保険料と社会保険料を新たに自分で負担することになります。

月々1万円以上の負担が増えるのであれば、月収88,000円に抑えようという
考えになるかもしれません。

ただし、負担と言っても厚生年金に加入することで将来もらえる年金が増えて、
老後の資産計画が楽になるという一面もありますので、今の手取り額だけで
判断するのは難しいと思います。

そして、「配偶者控除を無くして女性を活用しよう」という流れを見ても、
将来的には全労働者が社会保険料を負担する方向性に進んでいますので、
社会保険加入を先延ばしにせず、早めに加入して将来の年金を増やすのも
一つの方法かと思います(まぁ、将来的に年金がもらえるかも不安ですが)。

ただし、サラリーマン・公務員の奥さんが「106万円の壁」を越える場合に、
月収10万円~12万円くらいだと手取りが減ってしまいます!

超える場合は、月収13万円以上を最低ラインと考え、ガッツリ稼ぐことをオススメします。


↓こちらのみなさんを参考にしています。応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です